2019年1月31日木曜日

イギリス海外研修説明会

こんにちは、金蘭千里です。

1月26日(土)に平成31年度高校1年生(現中学3年生)を対象に、第22回イギリス海外研修説明会が佐藤記念講堂で実施されました。今回は、参加希望者の生徒、保護者対象の説明会でした。

研修期間は、夏休み中の約三週間で、イギリスの名門校である、「イートン校」と「ハロウ校」のどちらかを選び、研修を行います。
説明会では、前年度引率教員による各校のプレゼンテーションや旅行会社からの説明がありました。また、校長先生、教頭先生からのお話もあり、生徒、保護者共に、資料を見ながら興味深く聞かれていました。

その時の様子を写真と共にお伝えします。

受付の様子


説明会資料


はじめに、ご自身も引率教員として参加されたときの話を交えて、校長先生より挨拶があり、説明会のスタートです。

校長先生より、懐かしい思いでも交えての挨拶

続いて、旅行会社より研修の全体的な説明のあと、前年度引率教員よる各校の紹介がありました。

前年度イートン校引率教員からのプレゼンテーション

イートン「授業風景の紹介」
  
イートン「カレッジホール」
まるで魔法使いの映画に出てきそうなホール

前年度ハロウ校引率教員によるプレゼンテーション

ハロウ「研修での食事内容」

ハロウ「授業外活動の紹介」

最後に教頭先生より、参加者の選考や申し込みについてなどの話があり、説明会は終了しました。

イギリス屈指の名門パブリックスクールで学ぶチャンスは、なかなかないと思います。また、将来のステップとなる大学進学を控える15歳にとって、進路や自分の目指す将来像・人間像の視野が広がる、とても貴重な体験となることでしょう。
参加する皆さんには、有意義な時間を過ごしてもらえればと思います。

本日もブログにお越しいただき、ありがとうございました。

2019年1月28日月曜日

第52回 金蘭千里高等学校 卒業式

こんにちは、金蘭千里です。
今回は、第52回卒業証書授与式についてお伝えします。

身に凍みる寒さを日差しが少し暖めてくれる朝、
教室では最後のホームルームが。
おめでとー!
寄せ書きを皆書き合い!
ホームルームを終え、
卒業生たちは式場へと向かいました。
佐藤講堂で行われました!
全員が揃い、式が始まります。
吹奏楽部の演奏をバックに国歌、校歌『母校讃歌』が歌われ、
卒業証書の授与が始まります。
吹奏楽部の演奏です!
金蘭千里の卒業式では、
学校長より一人ひとりに卒業証書が手渡されます。
代表者だけでなく、一人ひとり!
生徒は初め、後方の座席に着席しています。
自分たちの順番が来たら担任の先生とともに
壇上へ向かい、一人ずつ呼名され証書を受けとります。
壇上から降りた後は、保護者様の座席近くの前方座席へと着席します。

これには、学校でお預かりした生徒を、
再び保護者様のもとへお返しする、
という意味が込められています。
生徒たちは、一人ひとりしっかりと卒業証書を受け取りました。


金蘭千里の卒業式では、「商議員賞」「佐藤賞」「金蘭千里賞」の
三賞の表彰があります。
在学中の成績などを総合的に判断し、
優秀と認められた生徒に授与されます。
今年も三名が壇上で表彰されました。
受賞おめでとうございます。

生徒たちへの授与が終わり、続いて学校長からの式辞、
理事長祝辞、尚友会(本校の同窓会)会長祝辞、
保護者会会長祝辞があります。
たくさんの方々から卒業を祝ってもらいます。
続いて、「在校生総代送辞」が行われます。
後輩たちから卒業生へ、感謝の気持ちを込めたメッセージが、
代表生徒の口から読み上げられます。
お世話になった先輩たちへ、想いのこもったエールを送ります。
それに答える形で、「卒業生総代答辞」が行われます。
卒業生代表が、お世話になった先生への感謝や、
在学時代の思い出、これからの決意などを述べました。
卒業生と在校生の最後のやり取りが行われた後は、
卒業式の歌として「仰げば尊し」が歌われます。
この歌を歌いながら、涙が溢れてくる生徒もそこかしこに見られます。
壇上から担任の先生が卒業生を見守ります。
最後は、『蛍の光』を在校生が歌います。
拍手の中、卒業生が送り出されました。
卒業式が終わったら、祝賀会があります。

最初に三ヵ年皆勤、六ヵ年皆勤者の表彰があります。
金蘭千里の皆勤は、他の学校と違い、授業単位での
出欠管理となるため、ひとつの授業も落とさないで
出席しなければ皆勤となりません。
そんな中、数多くの生徒が三ヵ年、六ヵ年の皆勤を実現しました。
本当によくがんばりました。
一人ひとり、表彰されます!
担任の先生や校長・教頭先生、事務長には卒業生保護者様より、
花束の贈呈もありました。
その後会食があり、お開きとなりました。

祝賀会が終わっても、まだまだ卒業生は名残惜しいようす。
お世話になった先生と写真を撮ったり、卒業アルバムにメッセージを
書いてもらったり、学校で会うのは最後かもしれない友人と
いろいろな話をしたり…
まだ余韻にひたりたい気持ちが伝わってきました。


今の時期、まだセンター試験の前後の日程であることが多く、
今年もセンターの自己採点が終わったあとだったので、
まだまだこれからが本番、という生徒も多い状態です。

来るべき試験に向かって、全力でぶつかってほしいと思います。
金蘭千里で得た力で、必ずや突破できると信じています。


本日もブログにお越しくださり、ありがとうございました。

2019年1月26日土曜日

合唱祭に向けて

こんにちは、金蘭千里です。

冬本番の寒さを迎え、巷では風邪、インフルエンザの流行をちらほら耳にする頃になりました。本校ではこの時期、合唱祭に向けての取り組みを行っています。今日は生徒たちの合唱祭の練習風景をお届けします。

まずは中学1年生。はじめての合唱祭の練習ですが、男女仲良く和気あいあいと練習しています。      
 
指揮者と伴走者が楽譜を読んでみんなをリードしながら練習しています。ただ何といっても初めての合唱祭ですので、練習がきちんと進行しているかどうか、教室の片隅には担任の先生が付き添っていました。
 
次は中学2年生。中学2年生になると、自分たちだけで練習をこなしていくことができるようです。練習もいきなり歌詞で歌わず、音階で歌って音をはずさないようにするなど練習にひと工夫ありました。
 

中学3年生。


このクラスは男子だけの集中レッスンをしていました。このくらいになると男子生徒は変声期を迎え、自分の出せる音が定まらなかったり、同じ男子生徒でもオクターブ違うほどの音域のばらつきがあったりして、なかなか難しいところがあります。男子の声がしっかり出るクラスは、本番の出来栄えが格段に良いので頑張ってほしいですね。

高校1年生は最後の合唱祭ということで、どのクラスも熱心に練習しています。


合唱祭の最優秀賞は高1学年が取るのだという意気込みもあって、練習にも熱が入ります。合唱祭は2月13日(水)。本番まで1ヶ月を切っています。震災で被害を受けた佐藤講堂もようやく修復されました。今年度は文化祭で佐藤講堂が使えず、中学1年生はあの立派な舞台に初めて立つことになります。臆することなく精一杯練習の成果を発揮してほしいものです。過去の合唱祭ではインフルエンザ罹患者が多くて、男子が5人しかいないクラスもありました。行事には苦労がつきものですが、苦労が多いほど完成した時の喜びも大きいでしょう。体調にはくれぐれも気をつけて、素晴らしい歌声を佐藤講堂に響かせてくれることを期待しています。



本日もブログにお越しくださり、ありがとうございました。





 
 
 
 
 
 

2019年1月17日木曜日

客観テスト

こんにちは、金蘭千里です。

本日は、1月16日(水)に行われた「客観テスト」についてお知らせします。

本校では全国的な学力レベルを見るために、中学生はZ会アドバンスト模試、高校1年生は駿台全国模試を受けました。

中学1、2年生は英語・数学・国語(各60分)、
中学3年生は、数学(100分)、英語、国語(各80分)、
高校1年生は数学、英語、国語(各100分)
の試験時間となり、学年が上がるにつれて試験時間が長くなります。
普段の20分テストとは違い、難易度がハイレベルで範囲も広い実力テストです。

出来はいかがだったでしょうか。日々の学習の大切さが実感できたのではないでしょうか。

付け焼刃の勉強では、約2週間分の既習内容が問われる20分テストにはギリギリ対応できても、実力テストで結果を出すことは難しいです。
単に20分テストで点数を取ることだけを目標にするのではなく、学力を伸ばし、実力テストで結果を残せるように意識をして普段から勉学に励み、その一環として20分テストの勉強をする習慣を身につけてほしいと思います。

結果は3月頃に返ってきます。結果が楽しみですね!

今週末は、センター試験を高校3年生が受験し、本校では中学入試を行います。
受験は家族の協力なしでは、納得のいく結果を得ることはできません。周りの人への感謝の気持ちを忘れずに、今までの努力の成果を発揮し、最後の最後まで粘って合格をたぐり寄せてください!

応援しています!がんばれ、受験生!

本日もブログにお越しくださり、ありがとうございました。

2019年1月16日水曜日

【最終・確定】平成31年度中学入試出願状況(2019年1月15日(火)24:00現在)

2018年12月17日(月)より、平成31年度中学入試の出願を金蘭千里公式ウェブサイト、金蘭千里中学入試ウェブサイトから、インターネットで受け付けておりましたが
2019年1月15日(火)24:00【最終・確定】の出願状況は以下の通りです。

なお、本年度の出願は締め切りました。

前期A 204名 前期B 491名  (前期で男女約150人募集)

後期  299名  (後期で男女約30人募集)  
帰国生  10名  (帰国生で男女若干名募集)

 なお、混乱防止のため、出願状況の記事を更新した時点で、それまでの出願状況(途中経過)の記事は消去させていただきしたご了承下さい。

2019年1月8日火曜日

第3学期始業式

みなさま、あけましておめでとうございます。金蘭千里中学校です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、本日より、平成30年度第3学期が始業します。

本日は8:35より体育館にて始業式を行いました。
まずはじめに、伝達表彰から。

『第45回大阪府アンサンブルコンテスト クラリネット四重奏 銀賞』を
受賞の吹奏楽部の皆さん方。
高校2年3組 久野玲奈さん 高校1年5組 田中さくらさん
中学3年3組 岡部恵美さん 中学3年3組 日高幸乃さん

すばらしいですね! 代表の久野さんの様子  
続いて大中校長先生のお話

この後姿は高校3年生の女子生徒たち↓

この後姿は高校3年生の男子生徒たち↓

大中校長のお話はまもなくセンター試験の高校三年生の皆への激励で
締めくくられました。
もうすぐセンター試験、がんばれ金蘭千里!
がんばれ日本中の受験生諸君!


本日もブログにお越しくださり有難うございました。