2018年10月30日火曜日

高1校外学習

こんにちは、金蘭千里です。

先日、高校1年生が校外学習で京都に行きました。

まず、午前中は有斐斎弘道館にて、数多くの京菓子や庭園の見学をしました。繊細な形の京菓子や風流な庭園など、京都ならではの物に触れて、とても趣深い時間となりました。

有斐斎弘道館での和菓子の展示

次に、京都ブライトンホテルにて、和食のマナーを学びました。箸の取り方・置き方、料理の食べ方など、普段の食事中に意識しないマナーまでしっかり身につけていました。また、配膳中は京都にゆかりのある話をしていただきました。

マナーに関するお話を聞く様子

作法を実践中!

提供された料理の献立。どれもおいしかったです!

最後に、河村能舞台で、役者さんたちのお話を聴き、全員で「紅葉狩」の歌詠みをし、舞台の上で「紅葉狩」の能体験をしました。最後には、本物の能「船弁慶」を見せていただきました。600年前も昔に生まれた能が今日まで受け継がれている理由は、昔の出来事や事件などを作品を通して伝えていく役割があるからである、と生徒に教えていただき、日本伝統の大切さを身をもって体験してくれたと思います。

能についてのお話

能の体験

中央の生徒が演じて、右の正座している生徒が歌詠みしています。

今回の校外学習をきっかけに、日本の伝統文化にもっと興味を持ってほしいと思います。

【生徒の感想】
「弘道館の和菓子には1つ1つにテーマがこめられていて、とても綺麗でした。また、庭も綺麗にしてあって、このような建物はこれからも残されていくべきで、日本の文化をさらに外国の方々に知ってもらいたいと思いました。」

「和食のメインは肉や魚だと思っていましたが、料理人が一番心をこめて作っているのは汁物だということを知って非常に驚きました。実際に汁物をたべると香りがよく、とてもおいしかったです。また、学んだマナーは日々の生活でも取り組んでいこうと思います。」

「能についてあまり知らなかったですが、体験をさせていただいたり、鑑賞をすることで能の魅力に気づくことができました。能は想像力をはたらかせて見る、面白い芸能だと思いました。」

本日もブログにお越しくださり、ありがとうございました。

2018年10月27日土曜日

頭をやわらかく

こんにちは、金蘭千里中学校です。


毎日少しずつ秋めいてきましたね。
受験生の皆さん、毎日一生懸命勉強していることと思います。
あと少しですね。
私たちも皆さんと会えることを楽しみにしています。

さて、今日は受験とはちょっと関係のない教科、
でも中学校に進級すると本格的に始まる、
英語のお話をしたいと思います。

みなさんも小学校でもう英語に接していますよね? 
中には、「英語は好きだけど、単語をおぼえるのがちょっと苦手だなぁ」
と思っている人もいることでしょう。
そんな皆さんにいい方法をお教えしますね。

漢字には“扁(へん)” と“旁(つくり)” があります。
英語にも実は近いものがあるんです。
(ただし、必ずしもすべての英単語がそうではありません)

例えば、“international” という単語を詳しく見てみると、
“inter”、“nation”、“al” の3つのパーツで構成されていますよね?

“inter” は“~の間の” という意味です。
“nation” は “国、国家” という意味です。
そして “al” は単語の最後にくると“ ~の ” という、
形容詞(ものの性質や状態意を表す言葉)をつくるパーツです。
つまり、“international” という単語は、
“国家間の、国際的な” という意味になります。

さらに、高校で習う単語で、“internationalization” という
20文字の長~い単語があります。
ちょっと意味を想像してみてください。

この単語は、“international” という単語に、
 “~にする・させる” という意味の “-ize” がつき、
そのあとに、“- tion” といういろんな語を名詞(ものの名前)
にするパーツがついています。

総合するとどういう意味かわかりましたか?
そうです、“国際化すること、国際化” っていう意味です。
なんだか面白くないですか? 
もしそう思ってくれるなら、あなたは語源にも興味を持つ人かもしれませんね。
言葉の成り立ちを知れば、より深くことばの意味がわかります。

本校に入って英語の授業が進むと、こうやって単語を増やす方法も紹介しています。
そうすれば、忘れないし、
未知の単語に出会っても、意味を大方つかむことができるようになります。


本日もブログにお越しくださりありがとうございました。

2018年10月24日水曜日

第51回 体育祭

みなさんこんにちは、金蘭千里です。

今回は、10月19日(金)丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で行われた「第51回 体育祭」の様子をお伝えしたいと思います。

高中祭のサッカー・バレーボールの競技会の形から、体育祭の形に変わって、今年で5回目を迎えました。

今年の大きな変化は、体育祭をより生徒主体の行事とすること。
そのことから「体育祭総務の設立」が変化「その1」でした。

体育祭総務は高2生対象とし、4月の募集から始まり、希望者の選考テストを実施。総務11名が決定しました。
その中から委員長立候補者のスピーチを実施し、厳しい選考の結果、
平井百音さん(高2)が委員長となりました。
【体育祭の顔】となったわけです。

総務11名!体育祭の顔はセンターです!!

総務生徒から、生徒の赤組・白組の帰属意識の薄さ、フロアと応援席の距離感。これを改善するため「応援団の設立」の意見が出され、検討の結果、応援団設立が決定しました。これが大きな変化「その2」です。

応援団は、中1~高3までの希望者で結成され、団長は、高校3年生が勤めました。

競技中も応援席から声援を送ります!

応援合戦は太鼓の音でスタートしました!

まずは、赤組のパフォーマンス!

続いて、白組のパフォーマンス!

最後は、互いに相手へエールを送ります。

そして変化「その3」は、赤組・白組の横断幕の作成。
全校生徒にデザインを募集し、総務で決定。デザイナーと共に、総務生徒で作成しました。

白組:地を駆けろ
赤組:風を起こせ

総務生徒は、全体の運営を担いますが、各クラスの運営は、クラスの実行委員が行います。更に、当日は実行委員・補助役員の総勢174名が係に当たりました。もちろん、教員も総出で係に当たります。

当日の様子をまとめた動画を作成しましたので、どうぞお楽しみください!(4分45秒)



本年度の体育祭は白組の勝利で、幕を下ろしました。

代表が白組実行委員全員とハイタッチです!

白組優勝、おめでとう!!!

当日は、現地まで足を運んで頂いた皆さま、沢山の温かいご声援を頂き、本当にありがとうございました。
生徒達は、素晴らしい経験がまた一つ増えた事と思います。これから、いくつそんな経験が増えていくのか、本当に楽しみです!


本日もブログにお越しいただきありがとうございました。

2018年10月20日土曜日

文化祭総務

「先生!横断幕が…風で破れてしまいました!」


――文化祭当日。
スローガンが描かれた大きな青い布は、
台風の影響色濃い朝一番の風に耐えきれず、
一部破れてしまいました。
急きょ文化祭総務生徒の手により室内に移動され、
なんとか展示することができました…

文化祭全体の調整をする「文化祭総務」の生徒たちは、
当日も様々な場所で活躍していました。
文化祭を何事もなく無事に開催すること、
これは簡単なようでいて、とても難しいことです。
彼らは、ありとあらゆる場面において、
下支えとなって活動しました。


「文化祭総務」は、文化祭前後だけがんばる組織では全くなく、
ほぼ一年を通して文化祭に関わる裏方のお仕事を担当しています。
中三~高二の希望者で構成されています。

総務の仕事は多岐にわたり、
横断幕作成担当、
プログラム(パンフレット)作成担当、
備品(学校貸出の文房具など)担当、
そしてすべての催しものの調整をする総合担当など…
本年度はプログラム紙面の全面改訂も行いました。

それぞれが4月~9月まで入念に準備・調整を行い、
本番を迎え、10月~3月までは
各クラスのふりかえりや各種アンケートのまとめ、
マニュアル作成、また次年度にむけての備品発注・引き継ぎなど、
様々な作業が待っています。


「うちのクラスは特別教室は使えないんですか?」
「こういうことをやりたいんですけど、予算の関係でどうしたらいいか迷ってて…」
「テープってここに貼っていいんですか??」
「うちの教室を使ったクラスがゴミを置いていったんですが…」
「当日机が70個ほしいんですけど貸してもらえますか?」


…文化祭総務にはさまざまな相談が毎日ひっきりなしにやってきます。
全体に関するルールや動きなどの説明は、
総務が定期的に開催する「実行委員会」や、全校朝礼などで
積極的に行っていますが、
各所で出てくる個別の要望や事情にも、
その都度ひとつひとつ丁寧に答えています。
年間で作られる書類は相当な量にのぼります。

すべては、混乱なく楽しい文化祭にするため――
決してふだん見えることではないですが、
ともすれば「しちめんどくさい」ことを、
真正面から取り組んでいます。


冒頭の横断幕ひとつをとっても、
相当な労力と時間が費やされています。
まずは描いてくれる担当を交渉するところからはじまり、
デザイン決定、下書き、色塗り…
協力してくれた美術部、書道部やその他手伝ってくれた人達は、
連日放課後残って、ペンキまみれになりながら完成させました。
作成に携わった生徒は、横断幕を「娘」と呼んでいたほど…


「推薦入試のためとか目立ちたいとかそういうことじゃない。
 自分たちのやったことが、形になり助けになっていることがうれしい。
 いや、純粋にここ(総務)が楽しい☆」


ある文化祭総務生徒が言ったひとことですが、
そこに文化祭総務のあり方が集約されているように感じます。


文化祭はたった一日の行事です。
混乱がなくて当たり前、楽しくて当然という舞台の裏には、
地道で気の遠くなるような作業の積み重ねがあります。
文化祭総務の生徒たちは、
運営していくにあたり様々な困難に出会いますが、
その経験はきっと社会に出たときに大いに役に立つことでしょう。


文化祭総務は今、
少し落ち着いて、次年度への準備を着々とはじめています。
歴代の文化祭総務の生徒たちからバトンを受け継ぎ受け継ぎ
走り続けてきた文化祭総務。
文化祭をよりよいものにしようという想いは、
脈々と受け継がれています。

肌寒い日が訪れるようになってきた今日この頃…
「文化祭」はまだ、終わりを見せてはいないようです。


本日もブログにお越しくださり、ありがとうございました。

2018年10月17日水曜日

中学1年生 校外学習「京都カラスマ大学」

こんにちは、金蘭千里です。
9月20日(木)に実施した中学1年生校外学習のようすをお伝えいたします。

今回の校外学習は、
NPO法人「京都カラスマ大学」さまにご協力頂き実施しました。

京都カラスマ”大学”と名前はついていますが、
いわゆる”学校”である一条校とは違い、NPO法人が運営・管理をされてる団体で、京都のまち全体がキャンパスということで、特定のキャンパス・校舎はありません。さまざまな場所で、いろいろな魅力を伝え、京都の伝統や文化などの学びを提供されています。

午前はキャンパスプラザ京都にて、
「京都は、どんなしごとでできている?~守る、つくる、伝える~」を題に
着物工房「豊和堂」代表 山田晋也さんと、
京都カラスマ大学学長 高橋マキさんによるパネルディスカッション形式の講演をして頂きました。

午前の部 スタートです!
初の校外学習、みんな真剣に聞き入ります!
左:山田晋也さん、右:高橋マキさん
着物のデザインについてや、その工程など着物工房のお仕事についてや、
山田さんが活動されているラッパーとしてのお話など伺うことができました。
クイズ出題!
日本で一番古いキャラクターは何でしょう?
またクイズや質問タイムなどもあり、
ズバリ!の回答者には京都カラスマ大学のバッチが貰えるということで、
生徒たちも必死に名回答・珍回答をしていました。

出題された「日本で一番古いキャラクターは何でしょう?」では、
ちびまるこやサザエさんなどいわゆるキャラクターを答える生徒ばかりで、
残念ながら正解者はいませんでした。
※答えはブログの末に書いています!是非ともお考え下さい!

午後の部は「おしごと十貨」です。
京都の伝統的な仕事、京都ならではの仕事が行われている会社へ訪問し、
お仕事の内容を聞いたり、職業体験などを行いました。

市バス・地下鉄・JR・徒歩を駆使し、
10ヵ所の訪問先へ220名がグループに分かれて活動しました。

 1.龍村光峯
  「世界に誇る「錦織」の美しい世界を感じよう」

 2.ひなや(リ・コロン)
  「染め直して、長く使う知恵を学ぼう」

 3.真田紐 江南
  「紐の種類と役割と、未来の可能性と」

 4.高岡
  「クッションと違う?ミニ座布団を作ってみよう」

 5.一念寺
  「歴史と門前町と、お寺のお坊さん」

 6.和泉屋旅館
  「京都流のおもてなしの裏側をのぞいてみよう」

 7.本山佛光寺
  「毎日いいことばとカフェのある寺」

 8.うね乃本店
  「おだし屋さんって、どんなおしごと?」

 9.ウラグノ
  「大切な人へのうれしい気持ちを伝える文房具「裏具」」

 10.竹笹堂
  「京の木版画工房をのぞく~伝統から紡ぐこれから~」
以上、10ヵ所に訪問させて頂きました。
訪問した日が平日ということもあり、どの場所も本来の仕事中の時間でしたが、熱心に生徒らへレクチャーなどをして頂きました。

また生徒たちは、
京都カラスマ大学 高橋マキさんより宿題が出ております!

ただ体験しただけで終わるのではなく、
その後の振り返りとして、道徳の時間に互いの行った先の報告を行ったり、
また手紙についての書き方指導については国語の時間を使い行いました。

カラスマ大学をはじめ、訪問先の皆さま、本当にありがとうございました。

以上、金蘭千里でした。
本日もブログにお越し下さり、ありがとうございました。

※山田さんの問題の答えは「大仏」でした。

2018年10月16日火曜日

高1 講演会(出前授業)

こんにちは、金蘭千里です。

今年も千里ライフサイエンス振興財団のご厚意により、10/12(金)高1生対象に行われた講演会(出前授業)の様子をお知らせします。



講師は大阪大学大学院工学研究科教授の浅田稔先生(知能・機能創成工学専攻)。ロボカップ創始者のひとりであり、認知発達ロボティクスの第一人者です。



浅田先生は、人工知能の核となる「深層学習」の成果をを紹介され、ロボットが人間とのコミュニケーションを通じて、人間と同じように感じふるまうためには何が必要か、みんなで考えてみましょうと提言されました。



真ん中にいるのがロボットの「ナオちゃん」です


配布されたレジュメの一部です
ロボットが人間と同じ所作ができるかということで、先生は研究室から「ナオちゃん」というロボットを持ってこられ、生徒たちに披露してくださいました。
私たちにダンスを披露してくれた「ナオちゃん」。どことなくユーモラスな動きに生徒たちの中からも笑いが起こります。

その後、質疑応答の時間が設けられました。
「ロボットに人間と同じことができたなら、人間は仕事を奪われてしまうのでは?」
「このようなロボットの存在は、倫理上問題になってくるのでは?」
浅田先生も「いい質問だねぇ」とおっしゃる質問がいくつも生徒から出ました。予定していた時間の中ではおさまらず、個人的に先生に質問にいく生徒や、ロボットの「ナオちゃん」を至近距離で見つめる生徒など、興味は尽きないようでした。浅田先生も、労をいとわず熱心に答えてくださっていました。

生徒たちの感想です。
「人工知能の現状から、将来私たちがどのように共生していくべきかまで、幅広くさまざまなことを説明していただけました。中には聞いたこともない専門用語も出てきましたが、敷衍して説明していただいたため、最後まで楽しく学ぶことができました」
「ロボットの技術の進展によって現在の人の仕事を取られてしまうというひかん的な意見に対し、浅田さんは、ロボットとの共生社会が実現されるという意見で、とても斬新に思いました」
「人間の顔と同じ表情を、今のロボットは自分で学んで応用して真似ることができると知り、それならその表情の感情を、いろいろな状況下で学ばせて行けば、ロボットも心を持つことが可能なのではないかと思った」
「今回の公演はとても面白かった。これまでも様々な授業でロボットとの共生については話題に上がっていたので、開発の第一人者の方の意見も聞けてよかった。また、今のロボットが直面している心についての課題、人の赤ちゃんとの相違点についての話はとても興味深かった。もっと長く講演を聞きたかった」


本日もブログにお越しくださり、ありがとうございました。













2018年10月11日木曜日

英検

こんにちは、金蘭千里中学校です。

まずは下の写真を御覧ください。みんな何をしていると思いますか?



実は、タイトルの通り,校内で英検を受験しています。

本校では、年に二回、春と秋の2回、校内で英検を実施しています。
中学1年生~高校3年生までが受験しますが、級によっては、中1生と高3生が同じ教室で受験する場合もあります。

本校での受験は、準会場扱いになりますので、
3級、準2級、一番難易度の高いものは2級となります。
春と秋の年2回、土曜日の放課後に英検が実施されます。
みなさんの中には、もう別の級をすでに取得していて、今回は上級を受験する人もいるかもしれません。

高校三年生の中には、準1級を目指して勉強している生徒も、数多くいます。
そして、突破します。
準1級を取得すると、いろんないいことがあります。
その一例として、(大学にもよりますが)センター試験を満点扱いしてくれるところもあったりするんですよ!

今日もこの視聴覚教室で、中学1年生から高校3年生の皆が真剣に取り組んでいます。

本日もブログにお越しくださりありがとうございました。

2018年10月6日土曜日

様々な苦難を乗り越えての文化祭

夏の激しい暑さが少し陰を潜める頃、
本校文化祭は行われます。

新年度――4月になって間もなくの頃から、各クラスより
実行委員が選ばれ、準備が少しずつ始まります。

5,6月に入ると各クラス・クラブの出し物の方向性が
固まってきて、夏休みに入る前に少しは形が見えてくる…


…はずだったのですが、
今年は大阪北部地震が発生した影響で、
佐藤記念講堂が使用できないという状況に陥りました。


佐藤講堂で発表するはずだったクラス・クラブは、
体育館や特別教室発表のクラスと時間枠をどうにかこうにか
分け合うことになりました。
また、体育館にも急きょ舞台が作られることになり、
発表のための場所や時間を確保するための
調整が続きました。
前例のない状況であるがゆえに、
暗中模索の日々となりました。


夏休みを経て、内容が固まりだすと、
今度はクラス内での意見のぶつかりあい、
予期せぬトラブルやさまざまなハードルがあり…
発表までに間に合うのかと不安になったクラス・クラブも
多かったことでしょう。


そして迎えた文化祭。
しかしながら、ここでもまた…
台風24号の影響で、9/30(日)の開催は
控えた方がよいであろうという状況になり、
文化祭は翌日の10/1(月)に開催されることになりました。

台風の動きはなかなか読めず、
月曜日も場合によっては中止も
ありうるような状況でした。
せっかく今まで苦労して作り上げてきたものが
発揮できなくなるかもしれないと、
不安で寝られなかった生徒もいました。


…様々な困難を乗り越えて、
ようやく当日がやってきました。

朝――空は透き通った青色。
校内のようすも、開催に支障がないと判断され、、
開催することが決定しました。

月曜日の開催ということになりましたが、
生徒たちは今までがんばってきたことをしっかりと
発揮してくれました。

普通教室で行われる展示、
体育館や特別教室で行われるライブパフォーマンス(劇・ダンスなど)、
ビデオカメラで動画を作成し発表する映像発表など、
様々な催し物が所狭しと並びました。

不安だった体育館での発表も、
精一杯練習してきた成果を発揮できたようで、
発表を終えた生徒たちの顔は活き活きとしていました。

来場者の方の数こそ例年よりも少なくなってしまったものの、
その年にしかできない自クラス・クラブの出し物を、
しっかりと最後まで表現しきることができました。
吹奏楽部
世界紹介
縁日
中一合唱
科学部
古本市
茶道部
鉄道研究部
ダンス部
今回の開催にあたっては、
文化祭を下支えする生徒・先生の集まりである文化祭総務や、
多くの先生方・職員の方の力添えがありました。
みなさま、本当にありがとうございました。



本年度は月曜日開催ということもあり、
ご都合が合わずご来場いただけなかった方もいらっしゃると
思います。もしよろしければ、来年度も、
金蘭千里に足をお運びいただき、生徒たちが主体となって
作り上げている文化祭をぜひご覧頂ければと思います。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。
本日もブログにお越し下さり、ありがとうございました。

2018年10月2日火曜日

後期委員認証式

こんにちは、金蘭千里です。
10/2(火)の全校朝礼で行われた後期委員認証式のようすをお伝えいたします。

金蘭千里では、
クラス運営を担うクラス委員を前期・後期の2期制で行っております。
4月~9月は前期任期、10月からは後期委員に切り替わります。
後期クラス委員・副クラス委員が呼名されます!
クラス委員の役割は、多岐に渡ります。
・毎朝、教務黒板にて自クラスの時間割変更の確認とクラスへの伝達
・授業開始・終了の挨拶
・本校ならではの20分テストをスムーズに終えるための監督先生の補助
・終礼後に、その日の出欠状況(欠席・遅刻・早退)を職員室前黒板に記入
・自習時間の課題配布
・教室移動の際の窓・扉の施錠
・集会や行事毎での点呼
・担任の先生との様々な連携
これらの役割を担うクラス委員・副クラス委員の男女1名ずつ計144名を、
一人一人呼名し後期委員の認証を行いました。 
校長先生からクラス委員の皆さんへ
校長先生からは、
クラス委員が担う仕事の重要性についての説明があり、
さらに、この役割をするだけで留まるのではなく、担任の先生と協力し、
クラスの雰囲気をより良い状態で保てるようにして欲しいとも話されていました。

また体育祭実行委員長の生徒から10月19日(金)にある体育祭関連として、
今年から新設される応援団についての説明がありました。
体育祭実行委員長より生徒の皆さんへ
5年前から本校での体育祭は、
丸善インテックアリーナ大阪(旧称:大阪市中央体育館)にて実施しています。
丸善インテックアリーナ大阪 ※以前の模様
中高合同で行います! ※以前の模様

非常に環境の整った場所ですが、
競技会場のアリーナと観客席のスタンドとに若干の距離があります。
その距離を埋めるべく、応援団を観客席とアリーナに配置し、
会場全体を盛り上げる役割をしてくれるとのことです。

今年度より新設される応援団の活躍や在校生の雄姿については、
このブログを通して実施後にお伝えいたします!
また在校生の保護者様、また入学希望の皆さまは直接体育祭をご覧いただけるようになっておりますので、是非ともお越しください。

以上、金蘭千里でした。
本日もブログにお越し下さり、ありがとうございます。