2020年5月20日水曜日

【全学年】《受験生の皆様へ》2020オンライン授業、まとめ

こんにちは、金蘭千里情報システム・ICT担当です。

この記事では新型コロナウィルス感染拡大防止の休校に伴い本校が実施した/しているオンライン授業の概要ついて5月20日時点のものをまとめてお示しいたします。

今しばらく、オンライン授業におつきあいいただき、生徒のみなさんにおかれましては学習成果をあげていただきますよう、よろしくお願いいたします。

【目的】
○生徒の学習習慣・生活習慣が崩れないようにする。
○生徒の不要不急の外出を控えさせる。

【期間】
○2020年3月2日(朝終礼のみ)3日(一部の授業のみ)5日(全クラス時間割通り)~中3は卒業式の前日、他学年は終業式の前日まで
(○2020年3月下旬のスプリングコース(春期講習)は中止)
○2020年4月10日(一部の授業のみ)13日(中2以上は時間割通り)16日(中1は課題方式)21日(中1は時間割通り)~現在継続中

【使用デバイス】
○BYODのiPad(3月全学年、4月~中2以上)
○各家庭のPC、タブレットなど(4月~中1)
○学校から貸与したiPad(4月~中1の一部で)
(新中1のデバイス・ネットワーク環境については4月1日から各家庭に電話で調査)

【学校からの連絡手段】
○ミマモルメの一斉配信メール
○金蘭千里中学校ブログ
○Classi

【朝礼・終礼授業内容の指示】
○Classi
○ロイロノート(4月~Classi不安定のため中2以上はClassiと併用)
○GoogleDrive(4月~Classi不安定のため中1が使用(~4月20日)Classiと併用(5月18日~)

【出欠管理】
○基本的にはClassiの朝終礼記事と授業指示記事に生徒が時間内に「見ました」する。
→但し、4月以降はClassiの接続が悪いので担任・教科担当が柔軟に対処
○課題の提出をもって出席と扱う場合もある
●大前提としてオンライン授業は授業日数・時数には(基本的に)算入しない

【オンライン授業のパターン】
第1段階 教科担当者がClassi等で指示・課題配信
第2段階 教科担当者がClassi等で指示・課題配信・ロイロノートで回収
第3段階パターンA 教科担当者がClassi等で指示・youtubeで解説(・ロイロノートで回収)
第3段階パターンB 教科担当者がClassi等で指示・zoomで双方向授業(・ロイロノートで回収)
※第1段階は全教員必須
※復習中心の3月は第2段階までチャレンジ
※新出事項の導入が始まる4月は第3段落までチャレンジ
(但し、緊急事態宣言に伴う出勤制限が優先)

【使用するクラウドサービス】
Classi、ロイロノート、Google(GoogleDrive、youtube)、Microsoft、zoomなど

【セキュリティ対策】
○BYODのiPadについては遠隔管理ソフトによる機能制限(ダウンロードなど)
→写真・動画機能の制限については全学年で解除
○クラウドサービスについては
(1)2019年のBYOD導入に向けた選定段階で検討
(2)ID、パスワード管理・変更など
(3)youtubeに関しては「限定公開」を徹底
(4)zoomに関しては(zoom爆弾回避のため)教員によるミーティングルームパスワード設定、生徒によるミーティングルームID,PW流出を徹底

【生徒・保護者と教員のコミュニケーション】
(1)電話(但し、緊急事態宣言に伴う出勤制限(後述)あり)
(2)Classiメッセージ機能(4月から全学年解禁(生徒・保護者))
(3)Classi学習記録機能(3月からオンラインに全面移行(生徒))
(4)ミマモルメ・ブログ記事の配信
(5)Classi校内グループでの記事配信

【教員の研修体制】
○教員グループウェアを利用し、毎日・オンラインであらゆる情報を共有
(各サービスの特徴やセキュリティの問題についてもリアルタイムで共有)
○3月2日午前中 職員研修・教科会議を実施
○4月6日午前中 職員研修・教科会議(一部教科)を実施
教員グループウェアはクラウドサービスのため緊急事態宣言発令による出勤制限中においても情報共有はリアルタイムで可能

【教員の勤務態勢】
○3月3日~感染拡大防止のため在宅勤務可
(中3卒業式、終業式、4月6日職員会議の日を除く)
○4月20日~緊急事態宣言発令(4月7日)により出勤制限・原則在宅勤務
(管理職・一部役職者を除く。5月11日~の各学年登校日を除く。)

以上、オンライン授業の概要について、本日5月20日時点でのご報告でした。