2019年1月17日木曜日

客観テスト

こんにちは、金蘭千里です。

本日は、1月16日(水)に行われた「客観テスト」についてお知らせします。

本校では全国的な学力レベルを見るために、中学生はZ会アドバンスト模試、高校1年生は駿台全国模試を受けました。

中学1、2年生は英語・数学・国語(各60分)、
中学3年生は、数学(100分)、英語、国語(各80分)、
高校1年生は数学、英語、国語(各100分)
の試験時間となり、学年が上がるにつれて試験時間が長くなります。
普段の20分テストとは違い、難易度がハイレベルで範囲も広い実力テストです。

出来はいかがだったでしょうか。日々の学習の大切さが実感できたのではないでしょうか。

付け焼刃の勉強では、約2週間分の既習内容が問われる20分テストにはギリギリ対応できても、実力テストで結果を出すことは難しいです。
単に20分テストで点数を取ることだけを目標にするのではなく、学力を伸ばし、実力テストで結果を残せるように意識をして普段から勉学に励み、その一環として20分テストの勉強をする習慣を身につけてほしいと思います。

結果は3月頃に返ってきます。結果が楽しみですね!

今週末は、センター試験を高校3年生が受験し、本校では中学入試を行います。
受験は家族の協力なしでは、納得のいく結果を得ることはできません。周りの人への感謝の気持ちを忘れずに、今までの努力の成果を発揮し、最後の最後まで粘って合格をたぐり寄せてください!

応援しています!がんばれ、受験生!

本日もブログにお越しくださり、ありがとうございました。