2018年11月14日水曜日

Serendipity ~失敗からの大発見~ 中1講演会

こんにちは、金蘭千里です。
11月9日(金)に中学1年生に向けて行われた講演会のようすをお伝えします。

登壇されるのは、
本校7期生 株式会社テルミーソリューションズ 代表取締役 山本光平さん
株式会社テルミーソリューションズ 代表取締役 山本光平さん
講演では、
大学を卒業された後の40年の出来事や取り組み、
その中で大事にしていること、そして今取り組まれている事業などについてお話をしていただきました。
その一部をご紹介いたします。

---
山本さんが大学時代に専攻していたのは保険分野でした。就職先でも希望する保険関係の部署に携わることを約束され入社しましたが、配属されたのはなんと他部署の船外機営業!
山本さんは営業のノウハウが0の状態からスタートすることに・・・。

3ヶ月間売り上げ0の状態でしたが、船が出航する理由、出航先、漁獲高などを細かく収集し分析、その結果を各マリーナに共有、顧客獲得を行なっていくことで、3年後にはなんと日本1の売り上げを達成し、個人としては最優秀賞を獲得されました。
究極の最優秀賞と説明され、どよめく会場
しかしその後、家庭の事情で実家の家業である美容院を継ぐことになり、
またノウハウが0の状態からスタートすることに・・・。
美容師の免許を持っていないため、山本さんにできるのはカット以外の部分。
そこで、会社経営・運営をより良く・効率的にできるよう取り組みをすることになり、
今では顧客予測の手法などが全国2000店以上の美容室で採用されているとのことでした。

また趣味である釣りでは、カジキマグロの世界大会に出場!
竿のしなり、釣り糸の強度、船のモーターなどあらゆる所で山本さん独自のカスタマイズを行い、世界大会に挑戦されました。
その結果、
406kgのカジキマグロを6分40秒で釣り上げ、世界第2位の成績を獲得されました。
シロカジキ406kgを釣り上げました!
そしてそこで終わらないのが山本さん!
例え趣味のカジキマグロ釣りであっても、とことん研究されます。
釣り上げたカジキマグロにタグを付け放流し生体調査をすることで、カジキマグロの生データを収集。そこから生息域を調べ、どこでよりカジキマグロが釣れやすいのか分析、更に乱獲を防ぐため、産卵場所の特定など海洋資源の確保を行うべく、アメリカのコロラド大学・ハワイ大学と連携して徹底的に研究されています。
https://www.jgfa.or.jp/igfa/representatives/

現在、山本さんが企業として取り組まれている事業の一つに、散髪した毛髪から、健康診断ができるようになる仕組みです。
この健康事業については、大阪府「健康産業有望プラン発掘コンテスト2018」のコンペにも応募されており、山本さんの事業は総応募43件の中から1次・2次審査を突破し、ファイナリスト10社、最終審査にまで進出されています。
http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=32784
http://kenko-osaka.jp/contest_2018.html

実は、このファイナリストの発表は講演当日の11月9日(金)14時からでした。
本講演会が14時50分からの開始でしたので、講演直前に山本さん自身も本校辻本理事長と発表をご覧になられたとのことで、その報告を聞いた生徒たちから会場いっぱいの拍手が起こりました。
またこの事業については、ファイナリスト通過もあり、今後は国連とも連携して事業展開を行うことも決まったと山本さん宛に関係団体より連絡があったとの報告もありました。
これは、2015年にNY国連本部で開催した国連持続可能な開発サミットの中で提唱されたアジェンダ、Sustainable Development GOALS(SDGs)の3つ目「3.すべての人に健康と福祉を」に深くかかわっていくとのことです。
http://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/

山本さんは金蘭千里で学んだこととして、次の3点を挙げています。
・失敗も活かす、諦めない。
・うまくいっても、それだけで満足しない。
・みんなにも幸せを。

この3つがあるから過去があり、今があり、そしてこれからがあるとのことです。
山本さんの今後のご活躍に期待しております。

本日もブログにお越しくださり、ありがとうございました。