2018年11月17日土曜日

大学入試あれこれ

こんにちは、金蘭千里中学校です。

今日はみなさんにはまだまだ先の
大学入試のおはなしをしたいと思います。


まだまだ先、といっても金蘭千里での6年はあっという間です。
なぜなら、日々いろんな楽しいこと、時にはしんどい、つらいこと、
そして泣きたくなるほどうれしいこと、いろんなことがあるからです。

私立の中高一貫校に入学すると、まるで日々天国のような暮らし、
なんてことはありません。
みなさんは今後、大学、大学院、そして社会に出ていくわけです。
そのため、日々いろんな経験をして鍛えていくのです。
その道場となるところが金蘭千里なのです。

大学入試はまだまだ先、と思わず聞いておいてほしいことがあります。
最近では、以前にもまして推薦入試というものが盛んです。
例えば、高校在学中にオリンピックに出場した、
〇〇で日本チャンピオンになった、
長期にわたって何か世の中の役に立つことをしてきた、
という実績と、

その大学でさらに勉強・研究をしたいという強い願望を、
学業成績とあわせて進学したい大学にチャレンジする入試のことです。

この入試は、国公立・私立を問わず、かなりの大学が行っています。
そこで、なんです。話はここからです。
学業をおろそかにせず、その上、何かもう1つ、
「こんなことに力を入れてきたし、今も力を入れている」、というものを
見つけてほしいのです。

6年間、〇〇部で頑張った、〇〇検定の1級を取得した、
こういうボランティア活動を続けている、
こんな世界大会に出場した、こんな作品を制作し、〇〇に出品した、
というような頑張りを6年のうちにやってみてほしいのです。

推薦入試のことを考えずに進学先を選択するのももちろんありです。
今現在、みなさんは入試に向けて懸命に頑張っていると思います。
入学後、皆さんのいろんな可能性が実を結ぶことを考えながら、
私たちも皆さんのことを待っています。

インフルエンザの予防接種を受けましたか?
風邪をひかないように、食事や睡眠に気を付けてください。
では、入試の日に皆さんに会えることを楽しみにしています。

本日はブログにお越しいただき、ありがとうございました。