2018年9月5日水曜日

クラス委員懇談

こんにちは、金蘭千里です。
今回は、「クラス委員懇談」についてご紹介します。

クラス委員とは、
各クラスから様々な形で選ばれたクラスの代表です。
授業のはじめの号令(起立、礼!)にはじまり、
時間割変更の伝達や、クラスの出欠の記録など、
クラス内の様々な業務を請け負います。

各クラスに男子クラス委員・女子クラス委員が一名ずついます。
今回は、中学二年生のクラス委員全員と、
校長先生・教頭先生、学年主任の先生との懇談茶話会にお邪魔しました。
会が始まっても、ちょっと緊張気味の中学二年生。
さすがに校長先生の前だと固くなってしまっているようです。

茶話会では、今まで頑張ってくれたクラス委員のために、
ケーキが用意されていました。校長先生が気さくに
「まずはケーキを食べよう!」とおっしゃってくださったので、
少し緊張が解けたようすの中学二年生。
校長先生から、
夏休みの間どう過ごしていたのかを聞かれました。
十人十色でしたが、映画を観に行ったというのが多かったようです。

他にも、
○小学校時代の友人と遊んだ
○課題をしっかりこなした
○海外旅行に行ったけど英語が話せなくて恥ずかしかった
○知り合いの山梨のぶどう農家のお家にホームステイして、
 農家の仕事の大変さを実感した

…などなど。
夏休みの間に、普段ではなかなかできない
貴重な経験をしてきたようですね。
今度は、学校生活はどうですか?楽しいですか?
また、どんなことが楽しいですか?と
校長先生から質問がありました。

○平穏な日々が楽しい
○授業が楽しい
○部活や、部活の帰り道に先輩後輩と話するのが楽しい

中でも一番多かったのが、

○友人関係が楽しい

でした。
休み時間やお昼ごはんの時間に話したりすること、
帰り道一緒に帰ること、わからない問題を質問しあったり、
切磋琢磨すること…
そういう友達との会話やコミュニケーションが
楽しいという意見が多かったです。
中学二年生の学校生活では、
友人関係がすごく大事なものであることが伝わってきます。

校長先生からも、昔の教え子の方のお話や、
このクラス委員懇談の成り立ちなどについて、お話がありました。
こうした、校長先生と教頭先生と生徒が話す機会というのは、
なかなか頻繁にあるものではありません。
このクラス委員懇談会は、
クラス委員として頑張ってくれた皆へのねぎらいもさることながら、
今、生徒さんがどんな生活をしているのかを知る、
ひとつの大事な時間でもあります。


さいごに、教頭先生からもお話がありました。
中高一貫校の中学二年生は、公立の生徒と違って
高校受験を経験しないので、進路に関して考える機会が
減ってしまうことがある。なので、将来の自分につながる、
進路に関して悩んで考えることもしてみてください、
というメッセージもいただきました。
これからまだまだ先は長いようで、あっという間の中学高校生活、
大切に過ごしてくださいね。

本日もブログにお越し下さり、ありがとうございました。