2018年7月4日水曜日

教員のたまご

こんにちは。金蘭千里です。
今回は本校で行われる教育実習について、お伝えいたします。

教育実習生の受け入れ期間は、
今年は6/15-6/30(事前研修は5/8)でした。
教育実習生一人一人に対して、本校の教員が
教科・ホームルーム担当として指導にあたります。

はじめのうちは、
担当教員の授業を見学したり、
ホームルームのお仕事を手伝ったりと、
できるところからのスタートとなります。
慣れてきた頃から、実際に授業を行うことになります。
実習生は他にも、(大学によって様々ですが)
実習中の活動について毎日記録をつけたり、
レポートを書くことを課されたりします。

授業をすると言っても、一つの授業を行うためには、
入念な準備が必要なのは言うまでもありません。
まずは何といっても教材研究を行うことが大事です。
担当教員のアドバイスを受けながら、
どうすれば生徒にとってわかりやすい授業になるかを考えて、
授業計画を丹念に練ります。
教材研究中です!
しっかりと準備をして、いよいよ授業です!
担当教員は教室後方で実習生の授業を見守ります。
経験のない実習生にとっては、
毎回の授業が緊張でいっぱいですが、
しっかりと生徒に向き合って授業をします。
授業風景の一部をご紹介します。
日本史の授業です。実習生作成の小道具も使われています!
英語のグループワークです!
漢文の授業で当てられた生徒が解答を書いています。
地理の授業。先生の質問に生徒が手を挙げています。
プロジェクターを使った英語の読解授業です。
養護も実習生が来ています。手当てをしています。
音楽の授業です。リズムを皆で取っています。
美術の授業では、手のデッサンを行う授業でしたが、
最初に「手」にまつわる芸術家たちの作品についての話がありました。
「手」と一口に言っても、ひとつの作品にはいろいろな思いが
込められていることを分かった上で、作品制作に取り組めそうですね。
「手」にまつわる作品についての解説
手のデッサンをしてみます!
授業が終わった後は、お忙しい中ではありますが、
担当教員の先生から指導していただきます。
授業をしている間では気付かなかったことや、
より分かりやすい授業にするためにどうするかなど…
授業向上のためのアドバイスをたくさんいただきます。
2週間という短い期間ですが、この繰り返しで、
みっちりと授業の基本を教えていただきます。
指導中です!
教育実習の締めくくりとして、「研究授業」というものがあります。
これは、自教科の先生全員・教頭先生・校長先生に授業を
見ていただきご講評いただくものです。
終わった後、実習生は先生方のもとへ赴き、担当教員の先生とは
また違った角度からアドバイスをいただきます。
実習生にとって、とても貴重な体験となりました。
化学の実験授業です
教室後方で先生方に見ていただきます
あっという間に2週間が過ぎました。
いろいろなことがあって充実していたと思いますが、
ここで、ある実習生にインタビューをしてみました!

------------------

Q.
どうして教員になろうと思ったんですか?

A.
私は金蘭在学中は、行事とか部活とかの方が楽しくて…
勉強があまり好きではありませんでした(笑)
でも、高一のときに文化祭の実行委員になって、
裏方の仕事をしたり、部活もバレー部に入ったりして、
勉強以外のところで自分を出せる場所を見つけることができました。
それまでは自分の得意なところなんてなかった、
と思っていたのに、当時の先生に、
「バレーや裏方の仕事もよくがんばってるね」と褒められて、
すごくうれしかったんです。
見てくれている人は見てくれているな、と思いました。
それから、発表することも好きになったし、
事務的な裏方の仕事も頑張るようになりました。

勉強ができるできないだけではなく、
生徒さんはいろいろな個性を持っています。  
生徒一人一人を見ていてくれて、
個性や人間性を伸ばしてあげられる先生になりたいと思いました。
私が当時してもらって嬉しかったことを、
生徒に還元してあげたいと思っています。
そう思えるきっかけを与えてくれた、金蘭千里にも感謝しています。
Q.
教育実習をしていて、感じたことを教えてください。

A.
これまで自分が受けてきた授業はすごい準備のもとに
成立していたんだと実感しました!
先生の授業中に寝ている子がいたら、
「あなたが寝ているその授業のために、
先生は何時間費やしたと思っているんだ!」と言いたいです(笑)
生徒に届くような授業はどれほど準備しないといけないか…
身を持って実感しました。

授業をしていて思うことは、自分が授業した、
その反応が即座に返ってくるのはすごく楽しく、やりがいがあります!
逆に、失敗などをしたときにも生徒は敏感に感じとるので、
油断はもちろんできないし、試行錯誤の連続でした。
常に学び続けなければいけないなと改めて思いました!

------------------

実際に生徒さんと触れ合い、授業をしてみて、
学んだことは大きかったことと思います。
まだまだこれからですが、
今回の経験を活かして、活躍してくれることを願っています。


本日もブログにお越し下さり、ありがとうございました。