2018年7月10日火曜日

金蘭千里の環境

こんにちは,金蘭千里中学校です。
今日は、金蘭千里を取り巻く環境についてご紹介したいと思います。

 中高一貫校を受験しようかなぁ、とお考えの場合、やはりその学校の環境についてみなさんお考えになりますよね? それは、卒業後の進路であったり、その学校の年間行事であったり、はたまた授業であったり...  それに加えて、やはりその学校の立地条件もお考えになるのでは、とも思います。

 5月に高三のキャンプについてご紹介いたしましたが、金蘭千里はものすごく自然に近く、そして自然に親しむ学校なんです。中学1年から高校3年まで毎年、キャンプや自然研修があり、生徒たちは大自然に抱かれています。そして、入学から高校2年までの5年間の毎年、徒歩訓練と称して紅葉の美しい11月に、箕面の山にハイキングにも出かけます。とにかく勉強以外で自然がいっぱいの6年間なんです。

 それともうひとつ、本校の周辺の環境についても是非ともご紹介します。本校の校舎は1Fから6Fまですべて南向きです。日当たりばっちりです! ときくと、夏は暑いんじゃないの?と思われますが、実はですね... 校舎のまん前には千里北公園という公園があり、さわやかな空気が年間を通して吹くのです。さまざまな樹木が育てられています。少し東へ行くと大きな池があり、1年を通して様々な野鳥が訪れます。時期にもよりますが、クジャクが散歩していることもあります。本校の周辺はさながら、小さなセントラルパーク、あるいはハイドパーク、と言ったら大袈裟でしょうか...

 年度にもよりますが、だいたい毎年中学1年生の教室は校舎の3階、学年が上がるにつれ4階、5階、6階 となります。高校3年ではだいたい6階の最上階で過ごすことになります。今日はその6階からの眺望を動画でご覧下さい。


 いかがですか? よーく見ると、遥か彼方には右側から、梅田スカイビル(空中庭園)、グランフロント大阪、阿倍野ハルカス、そして最後にはエキスポシティーの大観覧車、かの太陽の塔まで一望できるんです。

 ラグビーをご存知の方はおわかりになるかと思いますが、バックスのフォーメーションでいうところの、スクラムハーフがエキスポシティー、スタンドオフが太陽の塔、センターが大阪大学本部、そして右ウィングが金蘭千里、という感じです。これだけすごいフォーメーションの本校、是非一度見学にお越しください。

学校説明会は、9/15(土)と 12/1(土)、いずれも受付開始13:15です。
詳細はこちらをご覧ください。

 本日もお越しいただき、ありがとうございました。