2018年6月25日月曜日

高校2年生 北海道自然研修 Part 2

こんにちは、金蘭千里です。

大阪北部地震から1週間が過ぎました。生徒、教職員、まだまだ不安は拭いきれませんが、みんなで協力し、学校生活は通常を取り戻しています。

本日は、6月6日~9日に行われた、高校2年生の自然研修後半の模様をお伝えします。
研修後半は、北海道の大自然を肌で感じ、また、さまざまなアクティビティーを楽しむプログラムとなりました。

【研修3日目】
この日は、昨日までの晴天、最高気温29度がうそのようで、生憎の空模様。
いつ雨が降り出すか心配しつつ、各自が希望選択したコースに分かれての活動です。

まずは全員、ホテル近くのベアマウンテンにヒグマを見に行ってきました。
驚くほど大きく、つぶらな瞳のクマさんたちに、みんな釘付けです。

居た居た居た! うわー!!! 大きい!!
隣のジープと比較して・・・大きい!!
ただいま、ケンカ中の2頭・・

ガラス越のド迫力!!
ちらほら、雨が降り始めた中、それぞれのコースに分かれてバスに乗り込み出発です。

【釧路湿原コース】
釧路湿原をガイドさんの案内で、トレッキング。そして、カヌー体験。
さらに、丹頂鶴の親子に会いに行ってきました。

どこまでも広がる湿原、その大きさに圧倒されます!
みんなで声を揃えて、エッサエッサ!
鶴の家族!子供の毛は、茶色でした!


【富良野コース】
美瑛の「青い池」を見学。その後、富良野自然塾へ。
『地球』・『五感』をキーワードにした、地球環境と人類の生き方を見つめなおす、プログラムを体験し、最後に、森林の再生を願って、植樹を行ってきました。

「青い池」まさにエメラルドブルー
入塾。施設の方の、お話を聞きます。
五感を取り戻す、目隠しで歩く「裸足の道」
今回は、雨の為くつを履いての実施させて頂きました。
「植樹」この木が大きくなるのは、何年先かな・・

【阿寒湖コース】
阿寒湖で遊覧船に乗り、湖内にある島へマリモを見に行きました。
さらに霧の摩周湖まで足を延ばしてきました。

阿寒湖 遊覧船に乗ってマリモを展示している島へ!
船内では、ゆったり寛いでいます。
マリモ! マリモ! マリモ! マリモ! マリモ!
霧の摩周湖は、なんだか神秘的でした!


【然別湖コース】
東京ドーム350個以上の大きさ、「ナイタイ牧場」へ。
その後、エアトリップ。空を舞う動物「トンボ」「モモンガ」「猛禽類」の目線を体験してきました。
最後に、然別湖の遊覧船に乗って帰ってきました。

広大な牧場のはずが、霧で何も見えず・・
ならば、みんなでソフトクリームを食べよう!
牛乳が濃くて、おいしい!!

遊覧船でまったりと・・然別湖でハイチーズ!
コースごとにホテルへ帰り、夕食をとり、この日の活動も無事終了しました。
各々のコースで、自然を肌で感じた、3日目の活動となりました。


【研修4日目】
最終日です。
午前中アクティビティーを楽しみ、昼には大阪に向けて出発予定です。
本日も4つのコースに分かれます。気温は12度、晴れ!


三泊四日の内容とは思えないくらいの、盛りだくさんの研修でした。
人とのふれあい、歴史文化とのふれあい、自然とのふれあいなど、実に多くの事を経験することができました。
ただ、楽しかっただけではなく、実り多き研修になったのではないでしょうか。

研修を支えて頂いた、みなさんに感謝いたします。

今回の研修をそれだけで終わらせるのではなく、今後の何かに役立ててもらいたいと思います。そんな期待をしつつ、研修の報告を終了させて頂きます。

本日もブログにお越しいただき、ありがとうございました。