2016年10月1日土曜日

髪の毛でがんを早期発見!?~中一講演会~

こんにちは、金蘭千里中学校です。



今日は、9月27日(火)に中学一年生を対象に行われた講演会についてお伝えいたします。

今回講演していただいたのは、本校7期生の山本光平さんです。

冗談や質問も交えつつ、中一生にわかりやすく楽しく講演していただきました。





「Serendipity」とは何か?

この問いから講演は始まります。

マジックテープや電子レンジの発明が、実は偶然の発見だったことを例にあげ、Serendipityについてわかりやすく説明していただきました。





そして、まさに山本さんの人生こそSerendipityの連続でした。

駄目サラリーマンから出発したが、一年後には営業成績日本一になったこと。

カジキ釣りで世界2位の成績を収めたこと。

実家の美容院を継ぐことになり、戦略を立てて成功したこと。

美容院で、がんの検査ができるようになれば…。




美容院の数は、マクドナルドよりもコンビニよりもはるかに多い。

がん検診の受診率が思うように上がらず、乳がんの患者が増え続けている。

この一見関連性のない2つの事実から山本さんは、美容院で切った髪の毛でがん診断ができれば、と考えるようになりました。




現在、国の認定を受け事業としての成功を目指しています。

大学とも連携し、研究を進めているそうです。

是非成功して、世界に普及してほしいと思います。




学校で学ぶ教科はどれも重要であり、音楽などの副教科も将来役に立つことがあるので、しっかり勉強してほしいと、在校生に思いが伝えられました。




最後に質問タイムです。

頭がつるつるの場合どうやって検査するのですか?など面白い質問も出ました。




最後に、学年全員で記念撮影です。

楽しい講演をしていただきありがとうございました。