2016年7月27日水曜日

情報を制する者が、金蘭を制す!

こんにちは、金蘭千里中学校です。
サマーコースも今日が最終日、明日から夏休みです。

しばらくテストから解放されている彼らですが、このコースの時期に着々と夏休み中の課題を消化している生徒もいます。そういう生徒の多くは、普段から課題の提出が早く、スケジュール管理・自己管理もしっかりしていると言えます。

情報を管理する大切さ

コースに入るまで、本校では毎日20分テストが行われ、各教科の先生からさまざまな課題の提出を求められます。その一つ一つの提出先・提出期限は異なりますし、テストの試験範囲も日々把握しなければなりません。

各階廊下のメディアブースにある掲示板には1日3回は目を通す必要がありますし、先生によっては、教室内に掲示したり、授業中に口頭で指示したり、ときには黒板の端に書いているだけの場合もあったりします。

そうしたさまざまな形で発信される情報を整理し、一元管理する力が求められます。

発信情報の例を挙げるなら・・・

  ・20分テストの試験範囲の把握
  ・各授業で出される課題と提出期限の管理
  ・クラブの連絡内容の把握
  ・時間割変更情報の把握
  ・保護者との連絡物のやりとりと、担任や事務所への提出物の管理
  ・合唱祭、文化祭、体育祭などの行事連絡の把握
  ・授業とHRで配布されるプリントや書類の整理    ・・・などなど


クラス委員やクラブの部長、各行事のまとめ役などを担っている生徒は、自己管理だけでなく、クラスやグループへの連絡、担任や顧問と生徒との橋渡し、なども必要となります。

ある意味、本校生は、社会人並みの情報管理・スケジュール管理能力、ひいては自己管理能力が求められるのです。

中2生のスケジュール帳

実際に中学2年生のスケジュール帳を見せてもらうことにしましょう。

中2生は、B5が貼れるノートの左半分に、時間割が書かれた紙を貼って、右半分をフリースペースにしてスケジュール管理をしています。


◇ Aさんのスケジュール帳。

左のタテ長の「テスト」欄には、20分テストの試験範囲を書き込めるようになっています。各授業の欄には、授業中に先生が言った、宿題などの連絡事項が書かれています。

Aさんは、自分を励ます「どんまい!」やその日楽しみにしているTV番組など、楽しみながらスケジュール帳を利用していますね。



◇Bさんのスケジュール帳

Bさんは左の各授業欄に書いた宿題を終えたら、それを線で消しています。
やるべきことを一つ一つ消していくと、達成感があるんですよね。
右のページには、各先生が言った連絡事項や体育祭について書いています。





◇Cさんのスケジュール帳

Cさんは、右もあえてフリースペースにせずに、見開きで2週間が見渡せる形に。
終えた課題に○印をつけたり、付箋を貼ったりと、独自の工夫をこらしています。



中2生のプリント管理術


さらに、中2生のプリント管理術も紹介します。

本校の生徒は毎日、膨大な量のプリントをやり取りしています。その一つの原因は20分テストです。毎日行われるテスト用紙は、授業を振り返る宝物。それをどう管理し、生かすかは、本校生徒にとってとても大切な事です。

それでけでなく、各授業で先生が配布するプリント教材も豊富です。ノートに貼り付けてプリント整理したり、項目別に振り分けたクリアファイルやエキスパンディングファイルで管理している生徒も多くいます。

◇クリアファイルの例

項目別になっています


◇エキスパンディングファイルの例

開くとこんな感じ

閉じるとこんな感じ



いかがでしたでしょうか。

本校生が学校生活を送る上で、必須とも言える管理能力。
同級生のちょっとした工夫や知恵から学ぶことも多いようです。
明日からの夏休みも、培った管理能力で有意義に過ごしてほしいと思います。


本日も本校ブログにお越しくださり、ありがとうございました。