2015年12月16日水曜日

掲示板

 
こんにちは。金蘭千里中学校・高等学校です。



秋、教室の窓から外を眺めていると、楓の葉が色づく過程がよくわかります。

たいていの木は、緑から黄色、黄色から赤へ、美しいグラデーションをなしていきますが、なかには日当たりに関係なく、いつまでも緑色を維持しているものや、黄色と緑のツートンカラーを織りなすものなどさまざまで、同じ楓でも個性を発揮したいのかなあ、と少しほほえましく感じます。

そして、冬。示し合わせたかのように、葉が散り始めました。風がふくと、はらはら、はらはらと
茶色くなった葉が落ちていきます。毎年のことではありますが、少し寂しいです。いつまでも暖かい日が続いていますが、それでも着実に、季節はすすんでいるのですね。

さて、総合テスト(期末に行われる5教科テスト)がおわり、生徒たちは、40分授業のあとにサッカー・バレーのクラス対抗試合、来年2月に行われる合唱祭の練習など、忙しくも充実した日々を送っています。ですから学期末とはいえ、校舎内には放課後も、たくさんの生徒の姿が見られます。

その校舎内には、学年にひとつ、掲示板が設けられています。生徒は毎日そこに立ち寄り、テスト範囲や課題等の情報を書き写します。
中学1年の掲示板。20分テストの範囲を書き留めます。



掲示板には、教員の手書きで書いてあるもの、激励が添えてあるもの、また、先生の怒った顔が透けて見えるような警告の通知など、いろいろなものが張ってあります。

いまはなんでもスマートフォンやパソコンでやり取りできます。プリントに刷って各自に配布することもできるでしょう。しかし、 掲示板の前でずっと観察していると、掲示板の機能は掲示だけではないということが、よくわかります。

そこにたまたまいた生徒同士であらたな関係ができたり、お互いに場所を譲り合ったり。また、生徒それぞれが自分のスケジュール表を工夫し、限られた時間で情報をまとめ、整理する力がつくなど、掲示板の利用には、いろいろな価値が見いだせるのです。

高校生の掲示板。毎日出される課題の解説が張り出されます。

部活の連絡掲示板。勧誘ポスターも見えます。

今はテストも終わって掲示が減り、すこし静かな掲示板。しかし、もうじき総合テストの結果(上位成績者)が張り出されます。掲示板前が、またにぎやかな声で、あふれることでしょう。

最後になりましたが、受験生のみなさん、風邪に負けず、がんばってください!