2015年6月5日金曜日

中1白崎キャンプ1日目

こんにちは、金蘭千里中学校・高等学校です。

先日、中学1年生は、本校で初めてのキャンプ活動に参加しました。

行先は、和歌山県日高郡由良町にある、白崎少年自然の家です。

ここは和歌山県の西岸に位置し、その海岸風景は、「日本のエーゲ海」
とも言われているそうです。
キャンプサイトからの風景















 到着すると、すぐに機材を運び出し、炊さんにそなえます。
開所式ではクラス委員が校旗を揚げます。
さあ、キャンプの始まりです!

重い機材を運びます
















キャンプの始まりです!



















まだ3時過ぎですが、さっそく夕飯の準備にとりかかります。
給養係が班の食材をとりにきました。とりわすれがないか、
もれなくチェックします。
「アメリカンチェリー、ちゃんと持ってるか?」


それぞれの持ち場でがんばります

アナグマも、何事か?と顔をだしました。





























火をつける人、野菜を切る人、米をとぐ人…
すべて自分たちで決めて取り組みます。

苦心すること2時間半、ようやく カレーが出来上がりました。
食べ終わったら、休む間もなく、片づけです…
7時の夕べの集いまでにすべて撤収しなくてはなりません。

夕べの集い















清掃が不十分ということで、厳しく注意されました。
再び釜場に戻ります。撤収作業は8時まで続きました。
来年はすばやく行動して、キャンプファイヤーができるといいですね。

施設で簡単な身支度をし、担任に1日最後の点呼を受けます。
10時ちょうどに、寝袋で床につきました。

あしたも晴れますように…。

(二日目・三日目報告につづく)