2015年4月13日月曜日

新中1研修

こんにちは。
金蘭千里中学校です。

入学式、始業式も終わり、ようやく通常の学校生活が始まりました。
一年生も13日より通常授業が始まり、初めての中学の授業を希望に胸をふくらませ一生懸命に聞いている姿が印象的でした。

今回は、先週11日と12日の二日間にわたり行われました「新中1研修」の
様子を報告したいと思います。

4月10日(金)
午前中は視聴覚教室にて学年集会です。
校長先生や、学年主任の井藤先生のお話の後、校歌の練習がありました。
まずは、国語の堀先生による歌詞の意味の学習。
その後、音楽の河邉先生による歌唱指導もありました。
みんな元気に、大きな声で歌っていました。

校長先生のお話
校歌・歌唱指導

校歌の練習の後は、『正しい容儀で明るく挨拶』講習です。
場所を佐藤記念講堂に移し、映像を使ったりもしながら
制服の着こなし方などを勉強しました。
制服着こなし講座


昼食後、午後の部は『マナー講習』からスタートです。
本校卒業生(10期)の幸田優子先生から色々な礼儀作法を
教えていただきました。
小笠原流礼法

その後は、校舎案内、写真撮影、各クラス担任によるホームルーム、
ふりかえりの時間などがあり、午後4時に1日目は終了しました。

4月11日(土)
2日目は、学年ホームルームからスタートです。
その後、各クラスに分かれ『模擬20分テスト』が行われました。
本番さながら、みんなとても真剣に取り組んでいます。
 模擬20分テスト
みんな真剣です

テストの後は、学校近辺の散策です。
50分ほどみんなでゴミを拾いながら歩きました。
学校周辺散策

学校に戻ったら、学年ホームルーム、ふりかえり、校長先生のお話などがあり
12時40分、2日目の研修も無事、終了しました。
新中一のみなさん、この2日間の研修を生かして、これからの学校生活を
しっかりと、有意義に過ごしてくださいね。