2015年1月30日金曜日

翻訳コンテストで入賞!

みなさんこんにちは。金蘭千里中学校です。

本校の高校2年生二名が、The Japan News主催の翻訳コンテスト(和文英訳)で入賞いたしました。

本日はそのことについてお伝えいたします。

The Japan Newsは読売新聞社が発行する英字新聞で、長年読者を対象とした翻訳コンテストを紙面で実施しています。普段は社会人や学生の分け隔てないコンテストですが、2015年の1月回については、募集対象を高校生に限定した、高校生翻訳コンテストの形で実施され、全世界から100名ほどの応募がありました。


翻訳は、学校での「英作文」や「英訳」の作業とは異なり、その意味を母語である日本語で理解し、文字にされていない背景や情報を正しく把握し、より読み手に伝わりやすく簡潔に書くという、大変難しい作業です。特に、今回の翻訳コンテストは新聞記事の翻訳ですから、小説や詩の翻訳とはまた質を異にする難しい課題であったといえます。

また、初めての試みということもあり、インターナショナルスクールや海外の学校からの応募者も多く、入賞するためには、日頃の努力と優れた言語感覚が必要だったと思います。

その中で、本校の生徒が二名入賞したことは、本当にうれしいことです。

 学校長に入賞を報告しています。


学校長より表彰を受けました!

今回の課題文は、車いすテニスの国枝選手の話題でした(詳しくはこちらをご覧ください)。

では、入賞した翻訳と、本人のコメントを掲載いたします。

浜野尚弥

コメント

テーマに関する知識がないと翻訳できないと考え、あらかじめテーマについて調べてから翻訳を始めました。また機会があれば、コンテストに応募してみたいです。

【翻訳文】

“Can I win the first prize in the world?” Shingo Kunieda, a wheelchair tennis player, asked Ann Quinn, an Australian mental trainer, in the 2006 Australian Open.

Although Mr.Kunieda is now the world champion, in 2006, his world’s ranking was #10 and he asked for Ms.Quinn’s support because she had been counseling many top athletes.

Ms.Quinn’s advice was clear. She said, “Let’s start training with not saying ‘I want’, but ‘I will’”. Now, let’s try to say ‘I am the champion’ here”.

From that time, every morning, he started shouting, “I am the champion” with “guts pose” in front of mirror. And he also wrote the words on his racket and mouthpiece.


柏井輝人

【コメント】

英作文を書くのではなく、「翻訳」をするということで、ニュアンスを大切にし、「伝える」ことを重視しました。

翻訳文

“Do you think I can be NO.1 in the world ?” asked Shingo Kunieda, a wheelchair tennis player, to Ann Quinn, an Australian mental trainer, 2006 Australian Open in February. 

She had been counseling many famous sports players. Now he is the world champion, but he was in the tenth of the world  rancking at that time. He asked for her help to come up with top players.

“You shouldn’t say ‘I want to be.’ You must say ‘I will be.’ Now let’s start training by saying ‘I’m NO.1.’ HERE RIGHT NOW.” Quinn’s answer was simple.

Since then, he kept saying “I’m NO.1.” every morning in Japanese, clenching his fist in triumph in front of a mirror. He also wrote down those pharases on his racket and mouthpiece.

二人とも、よくがんばりました! おめでとう!
 
これからも金蘭千里生が、「切りひらく覇気」を持って、様々なことに挑戦してくれることを期待しています。