2015年1月16日金曜日

初めての合唱祭練習

こんにちは、金蘭千里中学校です。

先日、中学一年生は初めて合唱祭の練習をおこないました。

「合唱祭」は毎年行われる恒例行事で、優勝を目指してクラスごとに出場します。

まだ経験したことのない中学一年生はピンと来ていないかもしれませんが、クラスの団結力、練習成果が問われるので、白熱する行事です。

クラスごとに合唱祭委員が設けられ、自分たちでキーボードを借りたり練習日を決め、また練習をしきっていかなければいけません。
上の写真は、祝日で音楽の授業がぬけたため、特別に放課後、合唱曲の指導を受けている様子です。高音パートと低音パートにわかれ、音とりをしていきます。

そのあと、自分たちの教室に戻り、つづけて練習をおこないました。
指揮者にあわせて歌うのにまだ慣れない様子ですが、少しずつ声が出始めていました。

初めての練習、合唱祭委員がしきるのも一苦労でまだバラバラとした様子でしたが、一丸となって歌える日が来るのを願うばかりです。

おとなりのクラスの様子です。


なかなかそろっています。どのクラスもそれぞれにがんばっていました。

まだ高中祭でクラスの出し物など経験していない中学一年生にとっては、自主性の問われる大きな行事は初めてかもしれません。

残り少ない今のクラスメートとの時間を大切に、時にぶつかり助け合いながら、ひとつのものを完成させてゆくことの大変さ、すばらしさをぜひ、味わってほしいと思います。

今年の合唱祭は、2月19日(木)におこなわれます。どんな歌に仕上がるのか、とても楽しみです。