2014年11月13日木曜日

28期生同窓会

みなさんこんにちは。金蘭千里中学校・高等学校です。
秋も深まり、学校及び周辺の木々も色付いてきました。 

さて本日は、11月2日(日)に梅田で開かれた、本校第28期生の同窓会について報告を致します。28期といえば、本校を卒業して20年目となる学年です。 
 
受付は13時から。受付担当の方の表情からも、楽しい会となる予感がしました。4年前に引き続いての開催、そして皆さん忙しい年代、さらには3連休の中日という条件の中、約30名の卒業生が出席をしてくれました。
辻本校長先生をはじめ、担任だった増田先生、天野先生、大中先生、山内先生にもご参加いただきました。 
 

学校長からは、本校の50周年改革についての説明がなされ、新しい学校案内と新制服のちらしが配布されました。しっかりと説明を聞きながら、学校案内に目を通す卒業生の面々。本校の伝統と革新、特に革新について強い関心を示してくれました。誰もが、本校での6年間を懐かしく思うと同時に、新しい金蘭千里の発展を期待してくれたようです。
 
 
会場は、和やかな雰囲気の中、あちらこちらから歓声がわき、笑い声に包まれました。同級生や恩師との再会に会話がはずみ、お互いの近況報告や昔話に花を咲かせ、時間はあっという間に過ぎていきました。皆さん、料理に手を付ける間もなく、終始、話に夢中といった様子でした。
 
 
  
 
 
 
 
 
  
 
 
皆さん、それぞれの職場や家庭で中心となって働いている方ばかりです。30代後半、まだまだ皆さんお若いのですが、健康には留意され、益々活躍されることを祈念致します。そして、6年間で育まれた同窓の和を今後も大切にして欲しいと願っています。16時、記念写真を撮り、再会を期してお開きとなりました。次は、7年後(皆さんが45歳になる年)とのことです。 


最後になりましたが、お忙しい中、案内や準備、そして当日の司会進行など、大変お世話になった幹事の皆さんに心から感謝致します。おかげで、参加者全員がとても楽しい時間を過ごせました。有難うございました。