2014年3月8日土曜日

50周年 学校改革について

2015年に本校は創立50周年を迎えます。これを機に、学校改革を行います。キーワードは「継承と進化」。金蘭千里のよいところは継承・発展させ、教育内容をさらに進化させたいと思っています。

1、私たちが育てたい人物像

・コミュニケーション能力

・リーダーシップ

・柔軟性

を兼ね備えた、「切りひらく覇気・引きうける意気」を持った人物の育成を目指します。三つの徳目は、本校オリジナルの「断金八鍛(だんきんはったん)」で伸ばすことを想定しています。これは、校名の由来である『繋辞伝』の一節、「二人心を同じうすればその利(と)きこと金を断つ」からとったものです。金蘭千里の教育「断金八鍛」では、次の八つの力を伸ばします。
 
                ①  基礎学力 
  大前提)      <
                 ②   体力 

                ③   論理性 
コミュニケーション能力   <
                ④   表現力

                ⑤  思いやり
 リーダーシップ     <
                ⑥   自尊心

                ⑦   教養
   柔軟性      <
                  当事者意識

2、クラブ活動の充実
従来、本校では本格的なクラブ活動は中学3年生からとなっていました。これを2014年度より、中学1年生から全員クラブに入部可とします。また、これに伴い、クラブを増設いたします。もちろんクラブ活動も「断金八鍛」の一環です。本校の中核である「授業」「20分テスト」で伸ばしてきた基礎学力の伸長を、体力や人間性の成長からさらに促進することを狙いとしています。

3、高中祭のさらなる充実
2011年より、本校の高中祭は2日間開催となりました(体育の部・文化の部)。文化の部では、クラス単位で展示・発表を行い、力を合わせて準備した成果を堂々と表現する機会となっています。2014年度からは、体育の部をさらに充実させます。従来は、校技のサッカー・バレーボール競技でしたが、徒競争・リレーなど個人・団体競技を実施する予定です。生徒で組織する運営委員の役割を拡大し、「切りひらく覇気・引きうける意気」をさらに育む高中祭にします。

4、2015年度より、新制服に
創立50周年を迎える2015年度より、新制服に移行します新中1、新高1より移行し、3年間で完全に移行します。

5、学習記録ノートを全員に
2014年度より、「学習記録ノート」を活用します。生活や学習時間、学習内容を記録すること、自分で自分の生活を振り返ることができます。「自ら学ぶことのできる力」を養います。

6、安心・安全な学校に
緊急・災害時対応を強化します。緊急時連絡体制の確立、緊急時の包括的ルールの策定、災害時の備蓄などを検討しています。

その他、よりよい教育のために、更なる改革について具体的な検討を進めて参ります。進化して行く金蘭千里を、どうぞよろしくお願い致します。