2013年10月3日木曜日

金蘭千里高中祭 No.2

では、金蘭千里高中祭のご紹介の第2回め、文化の部を中心にご覧いただきましょう。

文化の部もお天気に恵まれ、多数のご来場をいただき、用意したプログラム冊子が早々に品切れになり、急遽印刷して間に合わせることとなりました。
午前中に来ていただいて、プログラムをご提供できなかった皆様には、この場を借りてお詫び申し上げます。

生徒たちはいつもどおり8時30分までに登校すればよいのですが、この日ばかりは7時半頃にもうたくさんの生徒が登校していて、展示や発表の最後の仕上げにかかっていました。

8時30分から全校朝礼があり、あとは10時の開場へ向けて全員大忙しです。

佐藤記念講堂では、10時から15時過ぎまで、合唱、ダンス、演劇、パフォーマンスが続きました。

10時からは、高1の音楽選択生、中学1年生のクラス別、音楽部による合唱が始まりました。



続いて、今年からできたモダンダンス部のパフォーマンス。(まことに残念ながら写真がありません。ゴメンナサイ)

ソーラン節・和太鼓がその後です。(前回のブログでご紹介しました。)

それからは、劇が続きます。
まず、高2-2の「タイムスリップ」です。


その後は、高3の文系クラスがそれぞれ上演します。昨年に引き続いて講堂で上演しているクラスが多く、かなりの出来栄えでした。
1組は、シェークスピアの「真夏の夜の夢」

2組は、人気ドラマに題材を得た「glee」



3組は、学園ドラマ「LAST STAGE」


どれもこれも大喝采でした。

校舎内に目を転じてみると、いろんな展示がありました。














恒例の「古本市」もあります。



視聴覚室では、様々な映像作品が上映されていました。



並行して、10月17日(木)に行われる、「英語暗唱コンテスト」の中学3年生の予選も開かれていました。



そしてもっともっといろんなことが盛り沢山にあったのですが、とてもこのブログだけではお伝え出来ません。

来年は是非、あなたが参加して、熱い高中祭にしてください。